私が1年ほど前から続けている美貌の一つが「ローズヒップティー」を呑むことです。

呑みはじめた手がかりは、30代になり年齢と共に人肌の色つやにくすみをもらい、しみやたるみが気になってきていたからだ。

そんな時にローズヒップティーの特集を読み物で見たことがはじまりでした。
読み物によると、ローズヒップティーは美肌に導くビタミンが豊富に含まれているについてでした。

たとえば、しみの原因となるメラニンのプロダクトを抑えて受け取る前文、毛孔の開きにうったえるビタミンC、新陳代謝を促進して受け取るビタミンA、若返りのビタミンともいわれる程の美肌効果が期待できるビタミンEなどが含まれているというものです。
そうして、高熱に弱々しいといういわれているビタミンCもローズヒップにおいて要るビタミンPの働きで、高熱によってもビタミンCの元凶が壊れないことも華麗でした。
私は、アッという間に薬舗でローズヒップティーを購入し呑み始めました。

呑み取りかかり3ヶ月程で人肌の色調が明るくなってきたように感じました。お化粧をする際に根本の色つやが人肌に合っていないという気付いた結果行き渡り、何とも有り難い働きでした。

そうして、ローズヒップティーを呑み取りかかり感じた効果は美肌だけではありませんでした。
誠に、感冒にひき辛くなったことと生理前の変調をもらい辛くなったことです。

最初は、「ボディーが良いのかな。」ほどでしたが、ローズヒップティーに含まれるビタミンCは耐性をアップさせる働きがある前文、痛手を感じたら分泌される「アドレナリン」のプロダクトをサポートしてくれる結果ホルモン配分の乱れが起こり辛くなったことが導因だと分かりました。

美肌を求めてはじめたローズヒップティーでしたが、体の変調にも様々な部分でサポートしてくれるので、今でもデイリーはちみつを加えてランチ前に呑むようにしています。更年期年齢